お客様のブラウジング体験を最適化するために、当社はCookieを使っています。あなたはこのサイトを閲覧するときのCookieの使用に同意します。
Cookieとあなたの個人情報の詳細については、当社のプライバシーポリシーをご覧下さい。
同意します
inner_banner_about
企業情報
戻る
GOWINセミコンダクター、組み込み機械学習推論のためのGOAI 2.0を発表
2020-09-21

2020年9月21日、米国カリフォルニア州サンノゼと中国広州--世界的にも急速に成長しているプログラマブル ロジック企業であるGOWINセミコンダクターは、GoAI機械学習プラットフォームの最新バージョンをリリースしました。このGoAI機械学習プラットフォームでは、GOWIN FPGAで畳み込みニューラル ネットワークを使用してエッジ推論の機械学習を実行するためのSDKとアクセラレータが提供されます。GOWIN GoAI 2.0は、TensorFlowおよびTensorFlow Lite機械学習プラットフォームへの直接統合、GOWINのGW1NSR4P µSoC FPGAのための最適化、およびGOWIN FPGA内に組み込まれたマイクロ コントローラより8000%増のパフォーマンスで計算集約型の機能を実現できるアクセラレータを提供します。

 

急速に発展している分野として、機械学習の開発は、より良い標準化、信頼性、および開発の容易さのために、フレームワーク、プラットフォーム、モデル、およびデータセットなどで整合しています。  TensorFlowはこれらの整合プラットフォームの1つとして、組み込みSoCとマイクロコントローラをサポートしています。GoAI 2.0では、GOWINの組み込みFPGAでTensorFlowを簡単に使用するために必要な追加機能が追加されています。

 

GOWINセミコンダクターのインターナショナル マーケティング ディレクターであるGrant Jenningsは次のように述べています。


「GoAI 2.0は、機械学習モデルをエッジ重視の組み込みFPGAにデプロイするためのいくつかの重要なアップデートをもたらしています。  GoAI 2.0を使用して、MobileNetなどの適度なサイズの標準化された機械学習モデルをGW1NSR4P µSoC FPGAにデプロイできます。GW1NSR4Pは、TensorFlow Lite for Microcontrollersを使用してエッジでTinyML推論を実行するのに最適です。低コストの6x6mm QFN48パッケージのGW1NSR4Pには、GoAIアクセラレータの直接モデル ポーティングおよび制御用のハードコアARM Cortex-M3マイクロコントローラ、GoAI 2.0アクセラレータのインスタンス化とセンサー入力への接続のためのFPGAファブリックの4.6Kルックアップテーブル、およびレイヤー ストレージ用の追加の8MBのSRAMが含まれています。  当社のGoAI 2.0 SDKにより、お客様はTensorFlowからFPGAのデプロイメントに迅速かつ簡単に移行できます。」

 

GoAI 2.0では、FPGA RTLやマイクロプロセッサC / C ++プログラミングは不要です。  ARM Cortex-Mプロセッサからアクセラレータを駆動するC / C ++コードは、GoAI 2.0 SDKによって自動的に生成されます。  GoAI 2.0アクセラレータはFPGAのIPとして提供されますが、さまざまなタイプのセンサー入力を備えた事前生成されたFPGAビットストリームの一部としても含まれています。  GoAI 2.0アクセラレータ アーキテクチャでは、プロセッサによってモデル レイヤーごとにレジスタ マップを更新するだけでよく、使用する機械学習モデルをデプロイまたは変更するためにRTLを変更する必要がありません。

機械学習にはかなりの学習曲線がある可能性がありますが、GoAI 2.0は、カメラ、マイク、加速度計など、さまざまなタイプのセンサー入力を備えたいくつかのエントリーレベルのリファレンス デザインを用意しています。  リファレンス デザインには、入力値に基づいて正弦波出力を予測するデータ推論、マイク入力から「yes」または「no」の言葉を推論する音声検出、およびカメラから人間の存在を推論する人物検出が含まれます 。  加速度計を使用する開発ボードを保持しながらユーザーが空中に描く形状を検出するジェスチャー検出など、追加のリファレンス デザインが開発され続けています。  開発者は、3つのGoAI組み込み開発キットのいずれかを使用して、GoAI 2.0を使い始めることができます。  開発キットには、さまざまな集積度のGOWIN FPGA、リファレンス デザインを実行するためのセンサー、およびビデオ デモ用のHDMI入力や出力などの周辺機器が含まれています。

 

GOWINセミコンダクターのセールス ディレクター(米州)であるScott Casperは、次のように述べています。


「エッジでの機械学習推論は、コンシューマ、インダストリアル、医療など、多くの市場でのアプリケーションの主流になりました。GoAI 2.0プラットフォームにより、組み込みシステムエンジニアは、これらの高度な機能を費用対効果の高い価格でアプリケーションに簡単に追加できます。  GOWINは、リファレンス プラットフォーム、開発キット、フィールドサポートなど、エンジニアがGoAI 2.0を活用できるよう、多くのリソースを提供しています。」

 

GOWINセミコンダクターのアジア地域セール スディレクター兼GOWINセミコンダクター(香港)のゼネラル マネージャーであるStanley Tseは、次のように語っています。「GOWINは、今後のAI EXPO KOREAで韓国のAIテクノロジーの革新に適したGoAI 2.0プラットフォームを初めて紹介します。GoAI 2.0は、エッジAI市場に最も費用対効果の高いプラットフォームを提供します。当社の人物検出ソリューションは、現在のソリューションと比較して、消費電力と設計の複雑さを大幅に削減できるため、すでに韓国のお客様によって次世代プラットフォームとして選択されています。

GOWINのGoAI 2.0ソリューションは、2020年10月27日から29日まで、韓国ソウルの展示会場COEXのホールDで開催されるAI EXPO KOREAで実演されます。関心をお持ちの参加者は、http://www.aiexpo.co.kr/mainで会議の詳細を確認できます。

 

GOWINセミコンダクターについて

 

2014年に設立され、主要なR&Dを中国本社に置くGOWINセミコンダクターは、当社のプログラマブル ソリューションで世界的に顧客のイノベーションを加速するビジョンを持っています。当社は、プログラマブル ロジック デバイスで製品の最適化と利便性を実現することに焦点を当てます。当社の技術と品質へのこだわりにより、顧客はFPGAを量産ボードに使用することでトータル コストを削減できます。当社の製品には、プログラマブル ロジック デバイス、デザイン ソフトウェア、IPコア、リファレンス デザイン、および開発キットの幅広いポートフォリオが含まれています。当社はコンシューマ、インダストリアル、通信、医療、そしてオートモーティブ市場で世界中の顧客にサービスを提供することを目指しています。

GOWINの詳細については、www.gowinsemi.comをご覧ください。

©2019 GOWIN Semiconductor Corp.。
 GOWIN、LittleBee®、GW1N/NR/NS/1NSR/1NZ®、Arora®、GW2A /AR®、GOWIN EDA、およびその他のここに含まれる指定ブランドは、GOWINセミコンダクターの中国およびその他の国における商標です。その他すべての商標はそれぞれの所有者の財産です。詳細については、info@gowinsemi.comにメールしてください。

 

メディア連絡者:

Scott Casper

scott@gowinsemi.com