お客様のブラウジング体験を最適化するために、当社はCookieを使っています。あなたはこのサイトを閲覧するときのCookieの使用に同意します。
Cookieとあなたの個人情報の詳細については、当社のプライバシーポリシーをご覧下さい。
同意します
inner_banner_about
企業情報
戻る
GOWINセミコンダクターのEDAツールがHDMI/DVI RX&TX IPへのサポートを追加
2020-05-07

 

Click the picture to watch the video

 

2020年5月25日、カリフォルニア州サンノゼと中国の広州--世界的にも急速に成長しているプログラマブル ロジック企業であるGOWINセミコンダクターは、さまざまな組み込みアプリケーション向けのビデオ インターフェースおよびコネクティビティ ソリューションを低コストで提供できるHDMI/DVI RX&TX IPをGOWIN EDAのIP Core Generatorに統合することを発表しました 。

 

HDMIとDVIは、今日幅広く使用されているビデオ インターフェースです。 半導体デバイスの進歩と性能の向上に伴い、多くのソリューションは、解像度とフレーム レートの両方の向上のために、より高いデータ レートに焦点を合わせてきました。 しかしながら、非常に高い解像度やフレーム レートを必要とせず、最終製品のコストに非常に敏感なソリューションもあります。

 

したがって、GOWINは、1080p30や1280x800p60などの組み込み機器でより一般的なターゲット解像度のビデオ データを受信および送信するためのHDMI/DVI IPを開発しました。 これらのソリューションは、通常最終製品が実際に必要としない高度な機能を含むASICブリッジまたはSoCと比較して、全体的なソリューション コストがはるかに低くなります。 GOWINセミコンダクターのインターナショナル マーケティング ディレクターであるGrant Jenningsは次のように述べています。「これにより、フレーム レートがそれほど重要ではないキオスクや産業用ディスプレイのBOMコストを削減できるようになりました。」

 

GOWINのHDMI/DVI IPは、既にコンシューマ、インダストリアル、オートモーティブの幅広いアプリケーションで使用されています。 IPは、1つのビデオ インターフェースから別のビデオ インターフェースへのビデオ ブリッジング用として、低集積度のGOWIN FPGAで使用されることがあります。 たとえば、多くのインダストリアルおよびコンシューマ キオスクには、シングルリンクまたはデュアルリンクLVDSディスプレイを直接駆動するHDMI入力があります。 そのため、GOWINはこのブリッジング アプリケーション向けのリファレンス デザインを提供しています。このブリッジング アプリケーションは、GOWIN LittleBeeファミリーの低集積度GW1N-1(1K LUT FPGA)で使用できます。 MIPI DSIやMIPI DPIなどの他のディスプレイ インターフェースも考えられます。

 

また、GOWIN HDMI/DVI IPは、より高い集積度のGOWIN FPGAで使用され、HDMIインターフェースを含むカスタムSoCを作成する場合もあります。 これらのケースでは、デバイスは、HDMI入力と出力のビデオ ストリームを利用してグラフィックスとビデオ処理を実行できます。 GOWIN GW2AR18などの特殊デバイスは、拡張された8MB PSRAMを内部フレーム バッファーをとして提供しており、カスタム ビデオSoCの開発に最適です。

 

GOWINセミコンダクターのセールスディレクター(米州)であるScott Casperは、次のように述べています。「市場では、組み込み機器のディスプレイ アプリケーション向けのソリューションが不足しており、これに対応して、GOWINは、費用対効果の高い製品で柔軟なビデオ信号のブリッジングと処理を可能にするHDMI/DVI IPを提供します。」

 

GOWIN HDMI RX IPは、最近のEmbedded World 2020でHDMI to LVDSディスプレイ ソリューションの一部として実証されました。 GOWINのHDMI TX IPも、GoAI人工知能ソリューションの一部として実証されました。 これらのデモは、GOWIN FPGAを使用してそれぞれ1280x800p60および1920x1080p30の解像度のHDMIデータのビデオ処理を示しました。

 

 

GOWINセミコンダクターについて

2014年に設立され、主要なR&Dを中国本社に置くGOWINセミコンダクターは、当社のプログラマブル ソリューションで世界的に顧客のイノベーションを加速するビジョンを持っています。当社は、プログラマブル ロジック デバイスで製品の最適化と利便性を実現することに焦点を当てます。当社の技術と品質へのこだわりにより、顧客はFPGAを量産ボードに使用することでトータル コストを削減できます。当社の製品には、プログラマブル ロジック デバイス、デザイン ソフトウェア、IPコア、リファレンス デザイン、および開発キットの幅広いポートフォリオが含まれています。当社はコンシューマ、インダストリアル、通信、医療、そしてオートモーティブ市場で世界中の顧客にサービスを提供することを目指しています。

 

GOWINの詳細については、www.gowinsemi.comをご覧ください。

 

©2020 GOWIN Semiconductor Corp.。
GOWIN、LittleBee®、GW1N/NR/NS/1NSR/1NZ®、Arora®、GW2A /AR®、GOWIN EDA、およびその他のここに含まれる指定ブランドは、GOWINセミコンダクターの中国およびその他の国における商標です。その他すべての商標はそれぞれの所有者の財産です。詳細については、info@gowinsemi.comにメールしてください。

メディア連絡者:

Stanley Tse

stanley@gowinsemi.com